パパ活 設定 キャバ嬢

キャバ嬢のパパ活はどんな設定がいいの?

パパ活

 

まずはイメージを払拭することが大切!

 

キャバ嬢がパパ活をする場合、どのような設定にすればいいのかご説明します。

 

キャバ嬢は世間一般的なイメージとして男性に媚を売りながらお酒を飲ませるという印象があり、
男性をお金としか思っていない、パパはいっぱいいると思っている男性も多くいます。

 

実際どうなのかはさておき、このイメージを覆すことが大切です。
そのため、パパ活する上で大切なことは、あなたしか頼れる人がいないと思わせることです。

 

他に頼る人がいないという女性を演じよう!

 

設定としては、他に頼る人がおらずあなたしか頼れない。
断られると路頭に迷ってしまうぐらいの可哀想な女性を演じることが重要です。

 

こうすることで一見華やかに見えるキャバ嬢の裏の素顔を見れた気分になった男性は
自分がこの子をまもってあげなければいけないという気持ちになります。

 

この気持ちを相手に持たせることで自分が特別だという認識をさせることが出来ればパパ活は大成功と言えます。

 

キャバ嬢はどうしても派手で御金遣いがあらいイメージをもたれやすいですので、
持ち物を質素にしたり、ご飯はリーズナブルなものをリクエストしてみたりなど、
あくまでお金がない・お金に困っている女の子を演出をしてみることで援助してあげたいと思わせるのも効果的だと言えます。